無縁墓にしないための墓じまいの際の注意点とかかるコスト

SITEMAP

Cemetery

無縁墓にしないために墓じまいを

近年、「墓じまい」を考える人が増加しているといいます。墓じまいとは墓を解体・撤去することで、少子高齢化の流れを受け、将来的に墓守の継承が途絶えてしまう、高齢の身となり墓参りができなくなるなど維持管理が気がかりだからといった理由が多いようです。墓守のいなくなった墓は無縁墓となり、長年管理費が滞納されており、一定期間持ち主から申し出がなければ各霊園や寺で撤去されて他の無縁仏と一緒に合祀されることになります。そうなる前に自分たちで片付けてしまおうというのが墓じまいです。
墓じまいをするにあたって中にある遺骨の行き先を決める必要があります。公営墓地へ改葬して合祀や散骨が多いようです。自宅供養(永代供養)や散骨は遺骨を永久処分できますし、管理費もかからないのであらゆる面で負担にならずに済むでしょう。霊園や寺や納骨堂に遺骨を移動する場合は管轄の市区町村で申請が必要になります。
実際に墓の撤去をしてくれるのは墓石屋です。費用は平米あたりで算出されるので、何社かに見積りをお願いして選ぶといいでしょう。遺骨の取り出しも墓石屋がしてくれます。長く眠っていた遺骨はメンテナンスが必要です。良い状態にして新たな行き先へ。墓じまいは時間や費用もかかる一大事ですが、ご先祖を大事に思う気持ちがあるなら決して大きな負担にはならないはずです。

墓じまいするときの注意点

近年墓じまいする方が増えてきているのをご存知でしょうか。核家族化が進み息子や娘などが都市部へ行ってしまい、地方にある先祖代々の墓に参る人が激減しているなどが主な原因だと言われています。もう墓を持っていても管理する人もあまりおらず、いっそのこと墓じまいをしようと考えている人も多いのではないでしょうか。いざ墓じまいするに当たっては何に注意すればいいのでしょうか。その注意点とポイントについて述べてみたいと思います。
まず注意すべき点としては、親戚に了解を得るということです。墓じまいする場合直系の親族だけでなく遠い親戚などが後から聞いていなかったなどと注文を付けてくる場合があります。先祖代々の墓だとなおさらそのような親族間のトラブルが増えてくるケースが多いのです。なので簡単な葉書でもいいので了承得ることが大事になってきます。
そして遺骨の埋葬先をあらかじめ決めておく作業も大事になってきます。散骨にするか、永代供養の寺社に預けるのかを決めておかなければ、遺骨の処理に困ることになるのです。おすすめはやはり永代供養の寺に預けることでしょう。供養もきちんとしてくれますし、管理も万全なので安心して預けることが可能です。墓じまいする場合にはその他にも改葬手続きが必要になってきますので忘れずに注意しておきましょう。きちんと墓じまいすれば、スッキリとした気持ちで日々を過ごせるのではないでしょうか。

墓じまいのコストについて

高齢化や人口減少が主たる原因となって「墓じまい」を検討する人や家族が多くなっています。墓じまいとは墓を将来に渡って守っていくことに不安があったり、墓が遠距離にあってお墓参りや墓の維持に手間がかかりすぎるなどの理由があったときに、今のお墓を所定の方法で撤去して新しい場所や新しい方法のお墓に移転するすることを意味します。
墓じまいという名称からは墓を撤去するイメージが先行していますが、移転することをセットして考える必要があります。墓じまいを検討している人のとって最も気にかかるのはやはり墓じまいにかかるコストがどのくらいになるのかということではないでしょうか。一般人にとっては宗教的なお金に関してはよくわからない人がほとんどですから、コストについては不安が先立ってしまいます。
それぞれの墓じまいの事情のよって墓じまいのコストにも大きな差が出ることが考えられますが、宗教的な儀式などが比較的たくさんあるのでそれぞれのコストがあいまいなことも少なくありません。コストのことをいい加減に考えて墓じまいを始めればあとで後悔することになりかねませんから、墓じまいを計画している人はコスト面の検討と計算はしっかりとしておくことが墓じまいの必須条件です。


だれも墓参りにこない、手入れをしない、そんな墓にしてしまうくらいなら墓じまいを行うほうがよいでしょう。昨今の高齢化によって墓の相続はむずかしいものとなっていることも事実です。墓の後継ぎが見つからないのでしたら、これを機に墓じまいをしてしまいましょう

SUB MENU

TOP